「23」和製本技術を活かして老舗<戸田屋商店>の手ぬぐいで作る 御朱印帳と丸帙体験 5/3(水・祝) 5/5(金・祝)

商品マーク
  • 店頭渡し可能
  • MIカードポイント
  • 配送日指定不可
  • 代引き不可
  • コンビニ決済除外品
  • 店頭渡しのみ商品
  • 友の会決済不可

マークについて

商品番号:
10-8839-2800000018111
種別

サイズガイド

価格

5,400円(税込)

2017年5月2日午前10時30分で販売終了いたしました。

当該商品は取り扱い対象外です。

当該商品は在庫切れです。

  • 上から
    選択してください。

商品の詳細

価格5,400円(税込)
送料パターン講座

商品について

■日時:5/3(水) ※5/5(金)増設いたしました。
■講師:有藤 加奈子(各種特殊製本専門 有文堂)
和綴じ本を収め保護するためのケース、丸帙と御朱印帳づくりを体験。手ぬぐいは創業145年<戸田屋商店>の梨園染を使い、数種類ある柄からお選びいただけます。気候の良いこの時期に、第1回目の御朱印帳と第2回目の丸帙をお揃いで持ち、御朱印巡りに出かけるのもオススメです。和製本技術を使った、繊細で特別な時間をお楽しみください。

※(1)と(2)はそれぞれ別々のお申し込みとなります。
 (1)と(2)をお申し込みの方は両方ともお選びください。

(1)13:30~15:00
【和紙に親しむ、折本型の御朱印帳を作る】
お寺や神社でいただく「御朱印」は特別なものだからこそ、御朱印帳を作るところから心を込めてみませんか?
体験するのは、2枚の紙を合わせ折り畳んだ形で仕上げる折本型のもの。本格的な手製本の技にも触れられます

(2)16:00~17:30
【和製本の技に親しむ、丸帙(まるちつ)を作る】
和製本の技を使い、基本的な帙である丸帙(まるちつ)を作ります。
第1回目の時に作成した御朱印帳にぴったり合うように作るので、専用ケースとしてお使いいただけます。

講師プロフィール:有藤加奈子
東京にて、有文堂の商品の販売・企画を担当。和綴じの技術を受継ぎ、ワークショップ講師を務める。有文堂は、明治中期に創業者 有藤 銀三郎が東京で製本技術を学び、ふるさと岐阜で開業。現当主は三代目 有藤 俊二。初代からの製本技術を今に継承しつつ、現在は少なくなりつつある手製本技術を生かし、オリジナル文具製作など様々な分野に挑戦している。

※申込み完了メールが届いた段階で受付は完了となります。
※お申込み後のキャンセルはお電話でのみ承ります。申込み完了メールに記載のお問合せ先までご連絡ください。
※開講日の3日前よりキャンセル料100%が発生いたします。
※連続講座の途中退会はご返金いたしかねます。
※駐車場は混み合う可能性がございますので、お車でお越しのお客様は早めにお越しください。
※午前10時30分開始の講座は、店舗開店前ですが伊勢丹会館は開館しておりますので開講時間前にご入館いただけます。

OTOMANA 伊勢丹会館5階
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-15-17