伊勢丹新宿店

住所
160-0022 東京都新宿区新宿3-14-1
電話番号
03-3352-1111
現在位置
TOP > 伊勢丹新宿店美術展ご案内

伊勢丹新宿店美術展ご案内

本館5階=アート&フレーム

わんダフルアート展

2018年の干支である「戌」をテーマに、13名のアーティストがそれぞれの犬を表現します。
水彩画、日本画、切り絵作品から陶芸作品まで、さまざまな技法による表情豊かな犬たちをぜひご覧ください。

  • 兼 未希恵 「小サナ花カンムリ」麻紙、岩絵具、プラチナ泥
    額装サイズ 23×22cm 69,012円

  • horime tougei「しろ」陶器
    H6.5×W4.5×D6.6cm 3,240円

出品アーティスト

青野広夢、鈴木果澄、兼 未希恵、下村優介、柴田菜月、杉本あかり、タケウチアツシ、土田 穣、中島 圭一郎、平島 毅、堀としかず/hori、horime tougei、宮入のあ

本館5階=アート&フレーム

兼 未希恵 作品展 ハルノイブキ

  • 兼 未希恵「春野」パネル、麻紙、岩絵具、金泥
    額装サイズ 59×59㎝ 264,600円

2017年3月開催時に大変好評だった日本画家の兼 未希恵氏。今回は「春の息吹き」をテーマに、これからやって来る春を感じられるようないきいきとした花や生き物を描いた作品の数々をご紹介します。
【作家コメント】
「トキメキ」を主題にして草花、お菓子を描いてみました。明るく楽しい気持ちになっていただけると幸いです。
【作家来店】 公開制作 1月14日(日)午後2時~4時

兼 未希恵 mikie kane

東京都生まれ
2001年 京都芸術短期大学 造形芸術学科美術専攻日本画コース卒業(同年大学編入)
2003年 京都造形芸術大学 芸術学部美術科日本画コース卒業
2006年 「VOCA展」 佳作賞 (上野の森美術館/東京)
2010年 「The NIHONGA」 (京都文化博物館) 同’12’13’14’15年
2011年 「アートフェア-東京 三人展」 (東京国際フォーラム) 同’13年

本館5階=アート&フレーム

タケウチアツシ 作品展 EMPTY

  • タケウチアツシ「BLUE」 ファブリックマーカー
    サイズ 38.8×48㎝ 55,944円

人気イラストレーター、タケウチアツシ氏の伊勢丹新宿店2回目となる個展。今回は「カーライフ」をテーマに、シンプルなラインと限られた色で表現された作家が得意とするモチーフ、スケーターやスケートガールと車や、紳士と車など、タケウチアツシ氏ならではのかっこよくておちゃめな作品の数々をぜひご覧ください。
【作家来店】 ライブドローイング 1月21日(日)午後2時~4時

タケウチ アツシ atsushi takeuchi

1981年 神奈川県小田原市生まれ。
雑誌、広告、Tシャツのデザイン、個展などを中心に活動中。オリジナル作品を日々発信中。
モチーフにするものは自身の憧れで、描きたいものを出来るだけシンプルに描くスタイルで制作している。

本館5階=アート&フレーム

DRAWing 2 HEARTs 安齋 肇作品展

  • 安齋肇「the looks」 アクリル 額装サイズ 36×36cm 64,800円

ポップで楽しい安齋画伯ワールド
イラストレーター、 アートディレクター、 ソラミミストとして活躍する安齋肇氏の思わず顔がゆるんでしまうポップで楽しい作品の数々。人気の音楽シリーズや海の生きものシリーズの原画、版画などの作品に加え、 伊勢丹新宿店限定で描き下ろした原画も販売いたします。
【作家来店サイン会】2月4日(日)午後2時~4時
作品をご購入でサイン会にご参加いただける先着50名のお客さまには、オリジナルサインシートにサインをお入れいたします。

安齋 肇 Hajime Anzai

1953年 東京都生まれ。 JAL「リゾッチャ」のキャラクターデザインや、 NHK「しあわせニュース」タイトル画の制作など、様々な活動をしている。 Eテレで放送中のアニメ「わしも」では原作キャラクターのデザインや声の出演もこなす。 また音楽関連のアートディレクションのみならず、 監督した映画「変態だ」は韓国富川国際ファンタスティック映画祭にて審査員特別賞を受賞。 '92年よりテレビ朝日系「タモリ倶楽部」空耳アワーでは“ソラミミスト”としても出演。 東京イラストレーターズソサエティ会員。

伊勢丹アートギャラリー新宿店サービスガイド 三越伊勢丹 TOKYO ART LOUNGE
ページトップへ