New!

<PATISSIER eS KOYAMA/パティシエ エス コヤマ>
【11月17日(火)午後4時~7時 ジェイアール京都伊勢丹地下1階=菓子のAWASEお渡し】<パティシエ エス コヤマ>小山ロール

商品マーク
  • MIカードポイント
  • 店頭渡し可能
  • NEW
  • 返品不可
  • ご用途指定不可
  • 代引き不可
  • コンビニ決済除外品
  • お1人様2点限りフラグ
  • 店頭渡しのみ商品
アレルギーマーク
  • 卵
  • 乳
  • 小麦

マークについて

商品番号:
30-1171-0410779018005
価格

1,404円(税込)

お一人さま2点限りのお買いあげとさせていただきます。

2020年11月11日午前10時0分頃より販売を開始いたします。


※ 11月17日(火)午後4時~7時のお渡しのみとなります。
※お渡し場所:ジェイアール京都伊勢丹 地下1階=菓子のAWASE
※ご来店の際、会員さま名を係員までお申し出ください。
※ご注文後の商品のキャンセル・数量の変更・お渡し日の変更は承れません。

当該商品は取り扱い対象外です。

当該商品は在庫切れです。

※この商品は返品・交換対象外商品です。

  • 上から
    選択してください。
facebook    
   mixi

商品の詳細

価格1,404円(税込)
サイズ24×11×8.5cm
送料パターン店頭渡し
内容量1本
原産国日本
消費期間製造日より冷蔵で当日中
商品について※11月17日(火)午後4時~7時のお渡しのみとなります。
※お渡し場所:ジェイアール京都伊勢丹 地下1階=菓子のAWASE
※ご来店の際、会員さま名を係員までお申し出ください。
※ご注文後の商品のキャンセル・数量の変更・お渡し日の変更は承れません。

こちらの商品はジェイアール京都伊勢丹からの出品でございます。店頭お渡し商品に関しましては、ジェイアール京都伊勢丹のみでのお渡しでございます。

商品について

ベスト・オブ・ポップ・スイーツ
世代、ジャンル、性別を超えて愛される永遠のポップスのように

オープン以来、エスコヤマの顔として皆さまに愛されてきたスペシャリテの「小山ロール」。その構成は、生地・2種のクリーム・栗と、いたってシンプルですが、「シンプルで、どこにでもあるジャンルのお菓子だからこそ、個性が光る」とシェフ小山。小山ロールの個性は、開発に要した3年の中で磨かれ、作り手にも焼くたびに緊張感を与えるような妥協を許さないレシピによって創り上げられています。その小山ロールの命とも言えるのが、ハチミツと卵黄を泡立てて、普通では「焼けないだろう」と思うほどの量のミルクを注ぎ込み、小麦粉は極限まで少なくしてメレンゲと合わせて丁寧に空気を抱き込ませたスポンジ生地。とにかくミルクをたっぷり含んだ生地は、上火・下火を細かく調整出来るオーダーメイドのオーブンで、30分以上をかけてじっくりと焼き上げます。気密性に優れたオーブンの炉内は、生地が含んでいる水分が蒸発することで、ミストサウナのようになり、生地は蒸し焼き状態に。その間にも生地が浮きすぎないよう微調整をしながら焼き上げることで、しっとりフワフワもっちりとした口当たりが生まれます。焼き上がった生地には、単なる生クリームではなく、カスタードをほんの少し混ぜてコクを引き立てたクリーム(ムース・リーヌ)を塗って、マダガスカル産の最高品質のバニラが香るカスタードクリーム、そして甘さをおさえた栗のコンポートを巻き込んでいます。こうして出来上がった小山ロールをひと口含めば、ミルクの凝縮した旨味、卵黄、ハチミツが融合したスポンジは、お口の中でしっかりとした味わいを残しながら、スッと消え去る軽やかさを併せ持ち、2種類のクリームもコクを感じさせつつさっぱりとして爽やかな後口です。小山が「幼いころ、孫のためにと栗の美味しい季節に祖母が決まって炊いてくれた甘さ控えめの栗の甘露煮をイメージした」という栗には、その古き良き時代の懐かしさと、時代が変わっても失ってはいけない大切なことを伝えたい、という思いも込められています。恐らく、お召し上がりいただいた皆さんは、生地づくりにどんな工夫があって、生クリームに見えるクリームにはカスタードクリームが練り込まれていて……といったことは気づかれないと思います。私たちも「美味しい」と感じていただければ、それだけでうれしく思っています。ですが、小山曰く「何十年もお菓子づくりを続けてきた自分が、飽きずに向き合うことのできるレシピ」には、マニアックと評する以外にないこだわりが詰まっています。

そのこだわりは、小山が夢中になっているショコラにおいても共通しています。見た目は単なるロールケーキでありながら、プロの料理人の方々から「これ、どうやって作っているんですか?」と聞かれるような秘密が隠されているのです。それを別の言葉で表現するなら、「究極のポップス(ポピュラー・ミュージック)」。いつの時代にも愛される音楽は、必ずどこかに真似できないような表現やテクニックを内包しているものです。 しかもそれは表に見えないように仕組まれています。そうして生まれた小山ロールが、エスコヤマのスタートであり、以後のモノづくりの方向を決定づける指針になっています。そして、オープンから15年経った今も、四季を通じて温度・湿度の変化の大きい日本特有の気候を何度も乗り越え、その中でも高いクオリティを保てるよう、パティシエたちの経験・技術と、オーブンなどの設備を担ってくださっている技術者の皆さんと共に進化を続けているのが、エスコヤマのスペシャリテ「小山ロール」であり、ひいては「日本のお菓子」なのです。

<PATISSIER eS KOYAMA>
2003年兵庫県三田市にて創業。年間で1000種類以上のお菓子を販売する同社は、1500坪の敷地に、パティスリーをはじめ、パン、マカロンとコンフィチュール、チョコレートなどの専門店やカフェ、さらに、四季折々の草花を楽しめるお庭も点在し、五感で楽しめる空間を展開。2016年には、キッズデザイン協議会が顕彰する「キッズデザイン賞」において、同敷地内にある12歳以下のお子様しか入店できないパティスリー「未来製作所」が、「子どもたちの創造性と未来を拓くデザイン部門」で「協議会会長賞」を受賞。17年11月、デコレーションケーキ専門店「夢先案内会社 FANTASY DIRECTOR(ファンタジー・ディレクター)」をオープンし、開業当初から計画していたメインショップの改装が実現可能になり、2019年9月にリニューアルオープン。空間デザイナー・左官職人・照明デザイナー・アイアンアーティスト・木工アーティスト・陶芸家など、多方面からプロフェッショナルが集い小山のクリエイションがダイレクトに伝わる内外装に生まれ変わった。